高校1年に全然世界史で点数取れなくてビリから3番目になったこともある私が、高2になって定期テストで7割を超えるようになりセンター本番で世界史9割以上とった話

こんにちは!

 

けーゆーです!

 

現在上智大学
学生をしています!

 

受験は大変でした。

 

あなたも大変だったのでは
ないですか??

 

得意科目を伸ばす勉強や
苦手科目を克服するための
勉強。。。

 

f:id:k_john_player_special_u:20181221204937j:image

 

僕もそうでした。

 

特に

世界史が苦手

でした。

 

クラスの中で
下から3番目の順位も

とったことがあります。

 

f:id:k_john_player_special_u:20181221204919j:image

 

正直わけがわからなかった
んですよね。

 

いきなりカタカナばかりで

しかも日本のことじゃない。

 

「もう二度と勉強しない」

「日本史で進もう」

 

そう思っていました。

 

しかし転機が訪れます。

 

 

ある日、赤本を見てたんです。

 

するとその大学の問題が

 

日本史が記述ばかりで

世界史は記号問題ばかり

だったんです!!

 

f:id:k_john_player_special_u:20181221205223p:image

 

もちろん全部の大学が

そうではないです!

 

しかし当時の私は

バカだったんで

「世界史ってラクなんだ!」

と思ったんです。

 

というわけで

よく考えず世界史を
選択することにしました。

 

選択したものの
苦手は苦手。

 

何にも変わってません。

 

でも

「なんとかしたい」

と思っていました。

 

f:id:k_john_player_special_u:20181221205445j:image

 

そう思って

少し経った頃、

 

自分のある“クセ”に

気づきました。

 

これ活かせるんじゃない??

 

これが世界史人生
の始まりでした。

 

f:id:k_john_player_special_u:20181221205524j:image

 

試行錯誤しながらも
私の世界史の点数がだんだん

苦手でなくなっていく

のを感じました。

 

いよいよ定期テスト

 

なかなか緊張しました。

 

そしてその結果!

 

目立たないでも
ビリではなくなりました!

 

真ん中くらいの順位でした。

 

さすがに上位とはいかないまでも

なんとなく手応えを感じました!

 

そしてテストを何度か重ねると
上位に食い込むこともなかなか
増えることになりました。

 

初めてのその点数の高さに

とても嬉しかったです!!

 

f:id:k_john_player_special_u:20181221205538j:image

 

その時を境に、世界史に
全力を注がなくても成績を
維持できるようになって
余裕が生まれるようになったのです!

 

「暗記なんて。。。」

「もう日本史に行こうかな。。。」

 

と諦めてしまっている

そこのあなた!!

 

その諦め、まだ早いです!!

 

あなたには

私がたどり着いた

「究極的な暗記方法」

をお教えします!

 

次回の記事を

お楽しみに〜!!

 

では、また👋