世界史の単語って、こんな方法で覚えてもいいの?? 邪道は正義! 〜センター世界史の攻略 勉強法編!〜

単語の暗記を
苦手にしている僕が
単語のテストでtop3に
入った方法とは?

 

その独特な方法
ご紹介!!

 

f:id:k_john_player_special_u:20190803043813j:image

 

んにちは!

 

けーゆーです!

 

今回は
「単語を覚える
独特な方法」
ご紹介します!

 

あなたは
こんな悩みを
抱えていませんか?

 

「単語をホントに覚えられない」

 

「カタカナがうざい」

 

「膨大な量の前に
絶望している・・・」

 

f:id:k_john_player_special_u:20190803044317p:image

 

この悩みを
解決できる
暗記法があります!

 

これを知れば
あなたは

世界史以外でも
暗記が得意になり
勉強に困らなくなります!

 

英単語にも応用できる
ので試す価値アリです!

f:id:k_john_player_special_u:20190803044342j:image

 

では紹介していきます!

 

語の覚え方というのは
いくつか存在しますよね?

 

ですが、似たような単語で
混乱することなんて
よくあることです。

 

例えば
マザランとマゼラン。

 

「あれ?どっちだっけ?」


中途半端な覚え方では
こんな悩みを抱え続ける
ことになりますね。


ですがこれは
そんな迷いを
生みません!

 

カンタンな方法なので
やってみてください!

 

①まず単語と
その意味を確認します。

 

②その文字を意味と
照らし合わせて
ムリやり結びつける。

 

f:id:k_john_player_special_u:20190803044446p:image

 

これだけです。

 

例を出します。

 

例えばマザラン

 

マザランルイ14世の宰相で
フロンドの乱の鎮圧や
政治の主導を支える
重要な人物でした。

 

こうした意味で
見出すわけです。

 

「おや?貴族の反乱で
王様と身分をマザラン
(混ざらん)ようにしているな」

 

、と。

 

無理やりですが、
これは効果が
絶大なんです。

f:id:k_john_player_special_u:20190803044517j:image

 

関連させることは
人間の記憶を定着させるのに
必須事項なのです。

 

だからその基本に則って
無理やりにでも自分の
覚えやすいように

 

ダジャレでも、
意味と言葉を結びつけても

良いのです!

 

自分の知識を
フル活用して覚えられるので
楽しいのもメリットですね!

 

f:id:k_john_player_special_u:20190803044548p:image

 

ぜひやってみてください!

 

・まとめ

 

単語の覚え方の
ポイントとして
「無理やり結びつける」こと!

 

なんです!

 

次回は
「あなたの力を倍増させる!
単語の復習の仕方」
ご紹介します!

 

 

これ以外にも多く

の有益な情報を

発信しています!

 

Qどうやって世界史の

ごちゃごちゃしたもの

を効率的に覚えるの??

 

Qどうやったら

効率的に暗記できるの?

 

Qやっても不安になって

暗記できているか心配です。

 


これを解消する方法

ありませんか?

 

Qヨコの流れを

全く見れないんですけど

どうやったら見れるよう

になりますか??

 


これらの疑問の答えを

ブログでも発信しています!

 

f:id:k_john_player_special_u:20190803044144j:image

 

 

しかし!

 

さらにこれだけでは

言えてない事実やより

詳しい勉強方法を

 


LINE@に

ご登録いただいた

あなただけ

発信しているんです!

 

f:id:k_john_player_special_u:20190803044222j:image


 

「この不安・世界史の悩み

をどうやって解決

できるんだろう?」

 

「どうしたらいいか

分かんない・・・」

 

そんなあなたに

向けてLINE@

お待ちしています!

 

詳しくはこちらの

ブログで説明していますよ!

 

↓LINE@のことや

詳しいことはこちら↓

https://k-john-player-special-u.hateblo.jp/entry/2019/04/07/171806

 

質問や相談も

お待ちしています!

 

では、また👋