世界史の人物関係を覚えるコツとは?(前編) 〜ポイントは“どんどんつなげる”こと!〜

んにちは!

 

けーゆーです!!

 

今回は「人物を
暗記するための方法」
をご紹介します!

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207192842p:image

 

あなたはこんな
悩みを抱えたことは
ありませんか??

 

✔️世界史に出てくる
人物名が似ていて
覚えられない・・・

 

✔️〜ヌスって
なんじゃい!!
多いわ!!

 

✔️カタカナばっかで
難しい・・・

 

✔️中国の人だったら
漢字も複雑
覚えにくい・・・

 

 

これで日本史の方が
ラクだったかも
なんて思うかもしれません。

 

しかし日本史も
人物のややこしさは
同じです。

 

天智天皇天武天皇
神武天皇一条天皇
後一条天皇・・・

 

名前が似ているのは
どこも同じです。

 

しかし、世界史には
それを乗り越える
コツがあります!

 

 

むしろ世界史のほう
が覚えやすいまで
あります。

 

そのコツのポイントは
「文字と画像は違う」
ということです!

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207193410j:image

 

どういうことか?

 

その解説も含めて
紹介していきます!

 

 

て、人物名が
ごっちゃになるのは
どうしてなのでしょうか?

 

現代でもそうです。

 

まずはこれを10秒
見てください。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207192134j:image

 

さてあなたは
どれだけ思い出せますか?

 

僕はちなみに全部
思い出せます。

 

それはあるコツを
使っているからです。

 

ポイントは3つです。

 

①別のことを考える。

②覚えようと思って
覚えること。

③感情を持つこと。

 

①“別のことを考える”。

 

どういうことか
というと

 

人物名と顔画像を
見るだけでは
一見して何の関係
もないのです。

 

関係のないものは
脳はすぐに忘れて
しまいます。

 

そのため
無理矢理にでも
関連づけることが
必要なのです。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207193833j:image

 

僕だったら
「今井さんは貫禄ある
今って感じがするな〜」

とか

「坂本さんは
声優の坂本さんて人と
声が似ていそうだな〜」

 

のような感じです。

 

一見意味がわからない
と思いますが、あなたが
分かればそれでいいのです!

 

②覚える意志を
持つこと。

f:id:k_john_player_special_u:20200207193709j:image

 

意志がないと脳も
その覚えるモードに
入れません。

 

脳は思い込みで
死ぬことできるし
活性化する時間も
変えられます。

 

なので
ここも心がけて
いきましょう!

 

③感情を持つ。

 

感情を持つことは
脳に強い衝撃
を与えることで

 

「あ!これは重要なんだ!」
と思わすことができ、
暗記したことを
忘れにくくなるんです!

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207193621j:image

 

例えば、上記の画像では

 

「松田さんは、強そうだな!」
とか
「小林さんは小林幸子
親戚っぽいな、すげ〜!!」

のように驚きをもって
その人に対する特徴を
つけると忘れにくくなります。

 

これがカタカナでも
同じです。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207192329j:image

 

アントニヌスピウスか・・・

 

さすが五賢帝
突き抜けているから
「ウ」じゃなくて
「ヌ」なのか!

 

マルクス=アウレリウス
=アントニヌスか・・・

 

最後の五賢帝だから
アントニウスじゃなくて
アントニヌスて
突き抜けてるんだな・・・

 

とか

 

ウ→ヌに向かって
成長して五賢帝
なったんだな・・・

 

みたいな感じです。

 

文字の特徴とかも
自分でアレンジすると
より覚えやすくなります!

 

写真がなくても
いいんです!

 

名前から想像して
できるならその人の
残した功績とつなげる

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207202158j:image


これだけなんです!

 

なのでこれを
心がけてみてください!

 

 

いかがでしたか?

 

人物名を覚える時


・感情を持って覚える。
・覚えよう!と思って
覚えていく。

 

・名前から想像して
その人のやった出来事
と特徴づけて覚える。

 

ということなんです!

 

しかしこれを踏まえて

 

世界史の中で
実践的に見ていく
必要があります。

 

世界史には「流れ」が
存在します。

 

その流れに沿った
世界史の人物関係を
暗記する方法

次回紹介します!

 

 

質問や相談も
お待ちしています!

 

では、また👋