【具体的な世界史の勉強法がここに! ノート編】ノートはキレイにまとめるな! ノートに文字を書くな! ノートは見るな! ノートで勉強する際の、最強アウトプット戦術の紹介!

世界史は白地図か・・・


その時にカタカナの
文字と意味を
つなげていくのね・・・

 

でもそれ実践できるの??

 

それができるような
アウトプットの方法として
ノート戦術を紹介!!

 

f:id:k_john_player_special_u:20200410233142p:image

 

こんにちは!

 

けいゆうです!

 

今回は世界史のコツを
完全に生かせる、
ノートの使い方をご紹介します!

 

あなたの世界史の先生が
プリントを使っている時も使える方法が
今からバンバン出てきます。

 

これを甘くみて
そのやり方を見なかったら

あなたは具体的な
勉強方法を分からずに
いつまでも点数を
上げられなくなって
しまいます。

 

それは誰も望まない
最悪な結果になります。

 

一生勉強法が
わからないんですよね・・・

と呟いている人生。

 

いいんですか??

 

受験当日まで
「勉強方法」と嘆いている
高3生になりたいですか?

 

f:id:k_john_player_special_u:20200410233222p:image

 

この方法は、どこにでもある
勉強法のように
大雑把なことは書きません。

 

具体的、です。

 

むしろここにしか
こだわっていません。

 

なので
「勉強方法がわからない」
悩みは今月で消えます。

 

その方法を実践できる
形でお届けするんです。

 

そして、あなたはそれを見る。

 

今日勉強したことや
授業で聞いたこと、
先生のくだらない話・・・

 

なんでもいいので
思い出し、それを
ノートに記す。

 

そしてこの勉強方法を
実践すれば、
テストの時に気づきます。

 

「思い出せる・・・」
「ノートの隅に書いて
あったぞ、コレ!」

 

f:id:k_john_player_special_u:20200410233435j:image

 

そのような劇的な変化と
衝撃をあなたに与えます。

 

ノートとペンの準備は
いいですか??

 

教科書もあったほうがいいですね。

 

では、見ながら実践していきましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目次

①この勉強法での
「ノートの意義」

 

②ノートに文字は
ほとんどいらない。

 

③ノートをキレイに
まとめる必要なんてない。

 

④ノートは見返さない
ことを目標にする。

 

⑤ノートの「最終確認」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では、いきます!

 

①この勉強法での
「ノートの意義」

 

あなたは、ノートを普段どのように
使っていますか??

 

☑︎授業で黒板に書いてあることを
書き写すために・・・

 

☑︎テスト前に授業用ノートに
書いてあることを
振り返るために使っています!

 

☑︎模試や定期テスト
振り返るために使っています!

 

☑︎復習するためにひたすら
書き殴っています!

 

色々あると思います。

 

どれも正直正解。

 

ですが、上のノートの
使い方はどれも用途によって
変わっていましたよね?

 

授業でメモを取るため、なのか。

 

テスト前にあなたの頭の整理を
するためなのか。など。

 

今回紹介するノートの使い方も
その意義・目的があります。

 

それは、
「あなたの頭の中を整理すること」
「知識の確認をするため」です。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200410233652p:image

 

ノートをテスト前に
慌てて見るよう
ではいけないのです。

 

その時間はもっとも
余裕のない時間。

 

もし知識の確認のために
テスト直前にそのノートを
見ているのだとしたら

 

落ち着いて見返せないので
頭にも入ってこないでしょう。

 

なので「知識の確認」というのも
確認して見返すことをやめることまで
を目標にしています。

 

書いて、あなたの頭の中を
整理し、知識の最終段階として
ノートを活用すること。

 

そしてそれを最終的に
見返すことをしない。

 

ここを忘れないでください!

 

②ノートに文字は
ほとんどいらない。

 

ノートはあくまでも
知識の確認です。

 

そこであなたは
言葉でどんどん書き殴ったり
授業メモの書き写しを
すると思うのですが、

 

人間は言葉での
整理を苦手とします。

 

絵本は文字が少ないですが
頭の中で一気にイメージが広がるので
理解しやすくなります!

 

一方文字では、情報を詰められますが
読み手の理解度や、イメージ力に
かかってしまいます。

 

この能力が高ければ高いほど
理解できるので、文字でも
いいんですが、もしそれが低いと
文字での理解ができません。

 

つまりノートに文字を
書いても、あなたの理解に
つながらない可能性があるのです。

 

ノートには絵や矢印を描いて
視覚的に整理していきましょう!

 

例えばこちら!

 

これが文字だけのノートで

 

f:id:k_john_player_special_u:20200329154926j:image

 

これが図や矢印を使った

ノートです。

f:id:k_john_player_special_u:20200329154721j:imagef:id:k_john_player_special_u:20200329154708j:image

 

このように、文字ではなく
絵や矢印で示した方が
いいとわかったと思います。

③ノートをキレイに
まとめる必要なんてない。

 

ノートを丁寧に
まとめていませんか??

 

文字や絵にまとめているだけで
どうしても丁寧にしなければならない
ということはありません。

 

事実時間がかかりませんか?

 

その分もっと自分の点数を上げることに
使いたくはありませんか?

 

ノートというのは、
あなたが何を覚えているのか
何が足りていないかを表す鏡なんです。

 

あなたは定期テスト
記述問題でわざわざ図を描いてまで
答えませんよね?

 

定期テストには定期テスト
ノートにはノートに必要なことを
抑えるだけであなたの実力を
上げることができるのです。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200329155008j:image

 

こんな、文字が汚く少なく、
単語の特徴をつなげるだけのノートでも
何を自分が分かっていて
何を分かっていないかが

一目瞭然になります。

 

これ以上つなげることができなかったら
それ以上の知識をあなたは持ち合わせていない
ということになるからです。

 

ノートで自分の実力がわかるように
上のように、わかるところは全部書いて
わからないところは色を変えて補う

 

という方法を取ると、

 

見た瞬間に自分の分からないところが
見えてくるので、次の勉強へと
生かすこともできます!

 

④ノートは見返さない
ことを目標にする。

 

あなたはテスト前に

ノートを見返していませんか?

 

テスト中にはノートを
原則見ることができません。

 

つまりその前までに
頭に入れる必要があります。

 

ノートを見返すのがテスト直前だと
頭に定着するのも遅れます。

 

テストが終わった後
完全に定着しても意味がありません。

 

なのでテスト前には確実に
ノートを見返さなくても
知識の確認をできるような
状態にしてください。

 

そのために普段から

ノートに書く→ノートを閉じて
何が書いてあったか何も見ないで確認する

ことを心がけてください。

 

⑤ノートの「最終確認」

 

ノートの最終目標とは何か

わかりますか??

 

それは頭の中に
ノートに書いてあることを
定着させることです。

 

再度言いますが
ノートに書いてあることを
「ノートを見て」思い出しても

意味がありません。

 

ノートに書いていないことを
「ノートを見ないで確認する必要」
あります。

 

それが「ノートの最終確認」なのです。

 

ぜひ心がけてください!

 

かがでしたか?

 

まとめると

 

・ノートで勉強する際に
「何も見ずに思い出せること」
最終目標。

 

・ノートに書く時に

文字より
絵や図を使うことが大切。

 

ということなんです。

 

是非やってみてね👋

 

⚠️超重要⚠️

 

※僕が今無料で配っている
世界史の暗記法も
これに沿って作っています。

 

気になったら見返してみよう!

 

まだ手に入れてないよー
という人は、僕のミスです!

 

今すぐ僕に言ってください!

 

こちらから💁‍♂️

↓ ↓ ↓

 

では、また👋