世界史の人物関係を覚える方法とは?? (後編) 〜ポイントは“見る”だけではなく頭の中で〇〇すること!〜

んにちは!

 

けいゆうです!

 

今回は「世界史の中の
人物関係を暗記する方法」
を紹介します!

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207214832j:image

 

あなたはテストで

よくこうなったことは
ありませんか??

 

「この人物は
何をした人だっけ?」

 

「この戦争で出てきた
この国の皇帝は誰だっけ??」

 

「あれ?どっちが
どっちの派閥だっけ?」

 

「この建物はいつどこで
建てられたんだっけ?」

 

世界史特有の悩みに
なりますよね。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207215750j:image

 

このような迷いは
世界史の人物関係の
暗記の仕方を知る

 

一発で解決します!

 

「この選択肢の言っていることは
全然違うからバツ!」

 

「この戦争で出てくる
登場人物は〇〇と〇〇だから…」

 

「この人はこれを絶対に
しているから、この時代に
関する記述はこうすればいいか」

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207215810j:image

 

など、行動で実力が
ついたこともわかってきます。

 

こうなるような
方法を紹介します!

 

ても簡単です!

 

それは

 

「言葉にすること」

 

です。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207215942j:image

 

「え?」と思いましたか?

 

これ、めっちゃ重要なんです!

 

①言葉にする。

 

見ているだけでは
何もあなたは覚えられません。

 

見ているだけで覚えている
ように見えるあなたの友達や
成績が良い人は

 

「今見ているものは

アレと関わっているな!」

ということを浮かべて


f:id:k_john_player_special_u:20200207220107j:image

 

その結びつきをしっかり
イメージではなく
言葉にしています。

 

イメージではテストで
問題を答える時に
曖昧になってしまうのです。

 

こんな光景だった・・・
でもここに当てはまる人って
コイツ?それともアイツ?

 

となってしまいます。

 

それでは
テストで使える知識に
なりません。

 

だから言葉にするのです。

 

 

そして常にアンテナを

立てておくこと。

 

これも重要になってきます。

 

②アンテナを立てておく。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207220220j:image

 

例えばこんなことを
先生が言っていたとします。

 

「実は昨日、コピー機が壊れて
テストを作れなかったんだ・・・」

 

あなたはここから
「世界史」につながりそうな
ワードを抜き出せますか?

 

10秒くらい考えてみてください。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207220300j:image

 

どうですか?出てきましたか?

 

まず「コピー機」ですね。

 

コピーといえば、印刷。

 

印刷に関する、
世界史の出来事を
思い出します。

 

グーテンベルク!」
「タラス河畔の戦い!」
「ルターのドイツ語訳聖書作成!」

 

などですね。

 

あとは、「テスト」です。

 

世界史上でテストといったら
科挙ですね!

 

隋の楊堅(文帝)が始め、
趙匡胤の時に、殿試が加わり
やがて1905年に廃止される・・・

 

このような流れが浮かぶこと。

 

これは訓練が必要です。

 

しかし、言葉を出すこと。

 

これは重要です。

 

あなたが何か話している時に
ふと、どうでもいいことを
思い出したことはありませんか?

 

それは、話し相手が
喋っていることのなかに
関連するワードがあって

 

それに反応したから
思い出せるのです。

 

ワードに対する反応の
早さを高めていく。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207220526j:image

 

これをやってみてください!

 

まとめるとこうですね!


世界史の人物関係を
覚えるためには


①人物の特徴を
言葉にしておく。

 

②様々なワードから
世界史に対する

反応を高めていく。

 

ことが必要になるのです。

 

要はこういうことです。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207214644j:image

 

このように
答えて→質問を自分で作って・・・
を繰り返すのです。

 

しかしこれだけでは
方法がわからないですよね?

 

のでカンタンな
方法もお教えします!

 

①その人物がまずいつどこで
何をしたのかを覚えます。

(無料でお配りしている暗記法参照!)

 

👇

 

②「いつ」→「どこで」→「何」
の順番に反応のしやすさが低くなる。

 

なのでまずは「いつ」「どこで」
注目しながら関連させていこう!

 

例)隋の楊堅(文帝)が始め、
趙匡胤の時に、殿試が加わり
やがて1905年に廃止される・・・

「隋」と「1905年」を見る。

何か浮かばないかな??

「隋」の次の国は?や
「隋」で行った支配制度は?
「1905年」近辺の出来事は?

のような次の質問を自分で作れるので

 

永遠に自分で復習でき、
人物関係の問題に強くなります!

 

一問一答もいいですが、
一問一答の答えを隠すのではなく
問題文をみて


「自分の作る質問をどれくらい
多く繋げられるのか」
記録を作ってみるといいですね!

 

f:id:k_john_player_special_u:20200207214644j:image

 

この棒線を増やせば増やせられるほど
あなたの実力は上がっている
証拠になります!

 

なのであとは練習あるのみです!

 

もしどうしたらいいのか
わからなくなってしまったら
僕に質問相談をしてください!

 

次回は1日15分で

覚えられる文化史の方法を

ご紹介します!

 

では、また👋