【忘れない記憶力をゾウから学ぶ】象はなんで一回しか会っていない象を23年後も覚えているのか?

んにちは!

 

けいゆうです!

 

今回は
「記憶力の維持の仕方」
紹介します!

 

突然ですが、

 

あなたは世界史の用語を
1ヶ月後も覚えている自信が
ありますか?

 

f:id:k_john_player_special_u:20200130183042j:image

 

世界史では重すぎる
かもしれません。

 

ならば

 

あなたは2日前
晩ご飯を覚えていますか?

 

あなたは小学校の
同級生の顔

覚えていますか?

 

あなたは昨日覚えたこと
今思い出せますか?

 

f:id:k_john_player_special_u:20200130182945j:image

 

これは全て
「記憶力の維持」に必要な能力が
関わってくることになります。

もしさっきの質問で
1個でも思い出せなかったり
迷ってしまったりしたら

 

世界史の暗記も怪しいことに
なってしまいます。

 

そうなると世界史の勉強にも
隙が出来てしまい
暗記にも漏れが出てしまいます。

 

それが二次試験本番で
起きてしまったら・・・

 

「あの時この方法を知っておけば
今この問題を解けたのに・・・」

 

そんな後悔をしたいですか?

 

f:id:k_john_player_special_u:20200130183315j:image

 

あなたはこれを知ることで
小手先の記憶術にこだわらなくても
覚えていられるので
暗記がラクになりますよ!

 

そうすると世界史の勉強も
時間をかけなくてすみます。

 

ので今回はこの
「忘れないコツ」
あなただけにお教えします!!

 

そのコツのカギは
「象」が握っています。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200130183454j:image

 

「象?なんで?」

 

それは、象が動物の中で
記憶力が最もいい動物の1つだからです!

 

象は一度しか会っていない象を
23年経った後でも区別がつきます。

 

そして象は自分たちを傷つけた
相手を一生忘れません。

 

これは象の本能ではなく
記憶の構造にあるのです。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200130183510j:image

 

https://youtu.be/lSXNqsOoURg
(↑象はなぜ記憶力がいいのか?の動画)

記憶には、それを呼び起こすための
きっかけを自分で作る必要があります。

 

例えば、昨日何を食べたのかという
質問に対して考えていきましょう。

 

色が茶色っぽくて
丸っぽくて・・・

 

そういえばナイフとフォークを
使ったな・・・

 

このように多くのきっかけを
覚えていることで

 

「あ!ハンバーグ食べた!」
と思い出すことができるのです。

 

f:id:k_john_player_special_u:20200130183606j:image

 

象はそのようなきっかけを
よく覚えています。

 

武器やその人の顔の特徴
だけではなく、

 

自分の感情です。

 

「うれしい」
「かなしい」
「つらい」
「たのしい!」

 

このような感情を持つことで
“自分に馴染み深いきっかけ”
作ることができます。

 

つまり
”思い出しやすいきっかけ“
作ることができるということなんです!

 

f:id:k_john_player_special_u:20200130183809j:image


「なるほど!感情を持てばいいのか!

でも、どうすればいいのかな?」

 

こうなると思います。

 

なのでここまで見てくれた
あなたに一つオススメな
方法を紹介します!

 

それは、
自分がどんなことで
「楽しい」「悲しい」「嬉しい」
「つらい」
の感情を抱くのかを書く

f:id:k_john_player_special_u:20200130183913j:image

 

ということです。

 

自分の経験と結びついた感情
記憶しやすいですし
思い出しやすくなります!

 

その感情は、あなたが過去
感じたことのある感情だ
なおさら効果が劇的にUPするのです!

 

f:id:k_john_player_special_u:20200130184005j:image

 

なのでまずは
これをしてみましょう!

 

 

次回は「1日15分でラクにできる!
世界史の文化史の覚え方」
紹介します!

 

では、また👋